カテゴリー

Led Zeppelin Led ZeppelinⅣ

Stairway to Heaven / Led Zeppelin 【和訳】【解釈】

2020年4月4日

Led Zeppelinのアルバム「Led ZeppelinⅣ」の収録曲。ご存知、天国への階段

 

代表曲だらけのバンドですが、この曲はその中でもいちばん有名な曲なことは間違いないでしょう。

ドラマチックな大作です。

ロックが好きでも嫌いでも興味がなくても、リアルタイムの人間は大抵みな知っていたでしょうし、楽器を弾く人なら現在に至るまで大抵の人が知っている曲だったのではないでしょうか。

ギタリストであれば、試奏の際に皆がこの曲の最初のアルペジオを弾くので、天国への階段演奏禁止令がでたとかなんとか汗

若い世代でもフレーズを知っている人間は非常に多いです。

そしてちゃんと聞くと意外と長い曲だったことにびっくりされる、という...

ちなみにこの曲、そんなに有名なのにも関わらず本国イギリスでは活動中にシングルにはなっていません(シングルはこの曲に限らず活動中はほぼ出さなかった)、

アメリカではこの曲のシングルは発売されています。

 

 

歌詞の意味

(和訳は下です)

歌詞は抽象的で、含まれる意味を解釈するのは大変です。

そして文脈の飛躍がたくさんあるので、解釈自体は色々あると思います。

また、あんまり一つの意味を探るべきじゃない、という意見もあると思います

が、このサイトでは一応意味をなるだけ平易に考えてみようと思います。

 

 

以下各フレーズ別の歌詞の雑な要約として

「輝くもの全てが金だと信じている女性がいる」

「みな恐怖や疑いを持つことがある。」

「煙の輪が森を抜ける(パイプふき(先導者)が森を抜けてやってくる)。」

「ピリピリしているとちょっとしたことで驚くことがあるけど、いろんなやり方、道がある」

「何かがわからなくなるとき、パイプふき(先導者)について行きたくなる」

「人生という曲がりくねった道を行くと、嫌な想い(影)も積み重なっていく

でも一人ひとりがまとまって岩となれば、強く持ちこたえられる。」

 

 

で更にそれらのまとめとして、

 

天国への階段さえ買うつもりの大富豪も迷いがあればちょっとしたことで怯えるようになり、先導者についていくことがある

けど、皆で一つになれば、怯えることはない

 

個人的にはこんなまとめです。

また、you(君)= a lady(輝くもの全てが金だと信じている女性)として解釈しています。

 

 

和訳

全ての輝くものが金だと信じている一人の女性がいた
彼女は天国への階段を買うつもりだ
ついたとき彼女は知る、お店が全部閉まっていても
一言で、目的のものを手に入れられると
ああ、彼女は天国への階段を買うつもりだ
壁に書かれた記号、でも彼女は確かめたい
だって、言葉は時に2つの意味を持つから
小川のそばの木の中で、歌う歌姫がいる
時に、私達のどんな想いでさえ恐怖や疑いを持つことになる

そのことで不思議に思うんだ
そのことで不思議に思うんだ

西を見ると、想うことがある
自分の魂が出ていきたいと泣いているんだ
想像の中で、煙の輪が通り抜けるのを見たんだ
木々やじっと見ている者たちの声を

そのことで不思議に思うんだ
そのことでとても不思議に思うんだ

私達皆で取り仕切れば、すぐそういうことがつぶやかれるだろう
そのうち、パイプふきが私達を道理に導くだろう
そして、立ち続けるもののために、新しい日の夜が明ける
そして、森は笑い声をこだまする。

垣根の中でざわめきがする、驚かされないように
それはただの、メイクイーンのためのスプリングクリーン(春の大掃除)だ
そう、通って良いふたつの道がある、でも長い目で見れば
通っていく道を変える時間はある

そのことで不思議に思うんだ

頭がブンブンいって、続かない、わからなくなるときのこと
パイプふきが君を仲間に入れようとする
親愛なる淑女よ、風が吹く音が聞こえるかい
そしてわかるかい、あなたの階段は囁きの風の上にあるんだ

私達が曲がりくねりながら道を行くように
私達の影は心よりも大きくなっていく
みな知っている、歩く一人の女性は、
白い光で輝き、あらゆるものが金へと変わる様子を示したい
君が頑張って話を聞こうとすれば、最後には調和がやってくるだろう
皆が一つで、一人が皆であるとき、
一つの岩となり、よろけなくなるために

彼女は天国への階段を買うつもりだ

 

単語、表現

brook:小川
songbird:鳴鳥、歌姫
misgive:恐怖や疑いを暗示する
thought:想い、想像
call the tune:方針を決定する
pay the piper calls the tune:報いを受ける。
(piperはパイプふき。ハーメルンの笛吹が子供を先導した話をもとに、先導したものが責任を取るという表現)
hum:鼻歌を歌う、ブンブンいう
hedgerow:低木の列でできた塀、垣根
bustle:にぎわい、ざわめき
spring clean:春の大掃除

 

歌詞

There's a lady who's sure all that glitters is gold
And she's buying a stairway to heaven
When she gets there she knows, if the stores are all closed
With a word she can get what she came for
Ooh, ooh, and she's buying a stairway to heaven
There's a sign on the wall but she wants to be sure
'Cause you know sometimes words have two meanings
In a tree by the brook, there's a songbird who sings
Sometimes all of our thoughts are misgiven

Ooh, (it) makes me wonder
Ooh, (it) makes me wonder

There's a feeling I get when I look to the west
And my spirit is crying for leaving
In my thoughts I have seen rings of smoke through the trees
And the voices of those who stand looking

Ooh, (it) makes me wonder
Ooh, really (it) makes me wonder

And it's whispered that soon if we all call the tune
Then the piper will lead us to reason
And a new day will dawn for those who stand long
And the forests will echo with laughter

If there's a bustle in your hedgerow, don't be alarmed now
It's just a spring clean for the May queen
Yes, there are two paths you can go by, but in the long run
There's still time to change the road you're on

And it makes me wonder
Ohhhh, woah

Your head is humming and it won't go, in case you don't know
The piper's calling you to join him
Dear lady, can you hear the wind blow, and did you know
Your stairway lies on the whispering wind

And as we wind on down the road
Our shadows taller than our soul
There walks a lady we all know
Who shines white light and wants to show
How everything still turns to gold
And if you listen very hard
The tune will come to you at last
When all are one and one is all
To be a rock and not to roll

And she's buying a stairway to heaven

-Led Zeppelin, Led ZeppelinⅣ

Copyright© Tの洋楽歌詞和訳~正確さと解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.