カテゴリー

Steve Vai Whitesnake

Slip Of Tongue / Whitesnake 【和訳】

2019年3月5日

意味やメモ

ホワイトスネイクのアルバム「Slip Of Tongue」の収録曲で表題曲

このアルバムはスティーブ・ヴァイのいる時期のもので、リードギターのフレーズや音に、ただのブルースロック的ではない、ヴァイっぽさが結構あります。

ちょっと異色感はありますが個人的に好きな曲です

 

曲名の「Slip of tongue」の訳は、失言、口を滑らすこと、など。

歌詞は、ちょっと口を滑らせて君を楽しませるのがベッドの中の僕の役目さ、みたいな感じかと

 

 

和訳

夜の12時を越すと時々、熱が上がってくる
ねえ、君は悪魔に恥かかせるだろうね
その見た目、両目のなかにあるそれで
君の心の中がわかるよ
そして、僕は逃げられない
もし、君の求めてるものを僕が与えられないなら
やっかいなことになるね

僕の裏側を這いあがりながら、うちのドアをノックする
僕は盲目で全然見えないだろう
君の探しているものは。
君は僕を倒し、僕をうならせる
ああ、すごくベルベットの手触り
君は石の心だって溶かしてしまうだろうね

いつ、どこでも
僕は君を笑わせるただの道化師さ
君を愛し、若いままにする奴隷
必要なものは、間違いなく、ちょっと口を滑らすことさ

ちょっと口を滑らすことさ

もし僕がもう少し愛を求めていたら
沢山苦しむことになるんだ
またキスをする前に、僕に何千回と考えさせて
君を待っているよ、毎日、毎夜
満足させることもないなら、きっと殴り合いだね

いつ、どこでも
僕は君を笑わせるただの道化師さ
君を愛し、若いままにする奴隷
必要なものは、間違いなく、ちょっと口を滑らすことさ

ちょっと口を滑らすことさ

太陽はゆっくりと昇り、僕はがくっと膝をつくところ
死ぬほど目を閉じたい
頼むよ、愛しい人、お願い
君が呼ぶのが聞こえる、僕はフロアをまたいで這っていく
手に入れたものは何でも君にあげるよ
そして、君はまだ求める

いつ、どこでも
僕は君を笑わせるただの道化師さ
君を愛し、若いままにする奴隷
必要なものは、間違いなく、ちょっと口を滑らすことさ

ちょっと口を滑らすことさ
ただちょっと口を滑らすことさ
ちょっと口を滑らすことさ
ただちょっと口を滑らすことさ
ちょっと口を滑らすことさ
ちょっと口を滑らすことさ

 

 

単語、表現

hell to pay:厄介事
roll over:寝返りを打つ、横転する、転がす
fist fight:殴り合い
sink to one's knee:がくっとひざをつく

 

 

歌詞

Sometime after midnight
The heat begins to rise,
Girl, you'd shame the Devil
With that look that's in your eyes
I know what's on your mind
An' I can't run away,
If I don't give you what you want
There's going to be some hell to pay

Creeping up behind me
Knocking at my door,
I'll never be too blind to see
Just what you're looking for
You roll me over, make me moan,
Oh, such a velvet touch
You'd melt a heart of stone

Anytime, anyplace,
I'm just the fool who puts a smile on your face
A slave to love an' keep you young
All it takes an' no mistakes
Is just a slip of the tongue

Just a slip of the tongue

An' if I want a little love
I gotta take a lot of pain,
Make me think a thousand times
Before I kiss again
I'm waiting on you every day an' every night
If I don't try to satisfy
There's gonna be a fist fight

Anytime, anyplace,
I'm just the fool who puts a smile on your face
A slave to love an' keep you young
All it takes an' no mistakes
Is just a slip of the tongue

Just a slip of the tongue

The sun is slowly rising
An' I'm sinking to my knees,
I'm dying just to close my eyes
I'm begging, darlin', please
I hear you calling
An' I'm crawling 'cross the floor
I give you everything I've got
An' still you ask for more

Anytime, anyplace,
I'm just the fool who puts a smile on your face
A slave to love an' keep you young
All it takes an' no mistakes
Is just a slip of the tongue

A slip of the tongue,
Just a slip of the tongue,
Slip of the tongue,
Just a slip of the tongue,
Slip of the tongue,
A Slip of the tongue...

-Steve Vai, Whitesnake

Copyright© Tの洋楽歌詞和訳~正確さと解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.