カテゴリー

Bark At The Moon Ozzy Osbourne

Bark at the Moon / Ozzy Osbourne 【和訳+解説】

2019年2月14日

意味やメモ

オジーオズボーンのアルバム「Bark At The Moon」の収録曲で、表題曲

ギタリストがランディ・ローズからジェイク・E・リーに変わって、HRHM色が高まりましたね。ザ・80S。リフもかっこいいです

 

歌詞についてですが、

設定上このアルバムからオジーは吸血鬼から狼男になったので、表題曲のこの曲ではそれを表すイメージソング的な歌詞になっています。

狼男になって戻ってきたぞ、ハッハッハッハー

 

和訳

叫び声が、夜更けからやってきた静寂を打ち破る
復讐心煮え返る
彼は光を殺しに戻ってきた

そして、彼が探している人を見つけた時には
畏れに耳を傾けろ、聞こえるだろう、彼が、

月に向かって吠えるのを
ハッハッハッハー

苦痛に費やした年月
名前のない墓に埋葬され
今、彼は起き上がった
奇跡が救うであろう、

野獣の探している奴らを
畏れに耳を貸せ、聞こえるだろう、彼が、

月に向かって吠えるのを
月に向かって吠えろ

奴らは彼を呪い、恥辱とともに埋葬した。
時代を超越する彼の魂も消えたと思った、消えたと、
燃える空っぽの地獄で、邪悪なものとして。
でも、彼が戻ったことで、それは間違いだと悟った。
ああ

影の中での遠吠え
月の呪いに生きる
彼は自らの極楽を見つけ
地獄の口から吐き捨てる、

そんな野獣の探している奴らを
畏れに耳を貸せ、聞こえるだろう、彼が、

月に向かって吠えるのを
月に向かって吠えろ
月に向かって吠えろ
月に向かって吠えろ

 

単語、表現

in the dead of night:真夜中に
vengeance:復讐、報復
torment:苦痛
along with:と一緒に、に加えて
timeless:永遠の、時代を超越した
spew:吐く

 

歌詞

Screams break the silence
Waking from the dead of night
Vengeance is boiling
He's returned to kill the light

Then when he's found who he's looking for
Listen in awe and you'll hear him

Bark at the moon
Ha ha ha ha ha

Years spent in torment
Buried in a nameless grave
Now he has risen
Miracles would have to save

Those that the beast is looking for
Listen in awe and you'll hear him

Bark at the moon
Hey yeah, bark at the moon

They cursed and buried him along with shame
And thought his timeless soul had gone, gone
In empty burning hell - unholy one
But he's returned to prove them wrong (so wrong)
Ooh, yeah baby

Howling in shadows
Living in a lunar spell
He finds his heaven
Spewing from the mouth of hell

Those that the beast is looking for
Listen in awe and you'll hear him

Bark at the moon
Hey yeah, bark at the moon
Hey yeah, bark at the moon
Oh Oh yeah, bark at the moon

-Bark At The Moon, Ozzy Osbourne

Copyright© Tの洋楽歌詞和訳~正確さと解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.